Smart Hair(formerly “Hairlytop Interface”):光駆動型柔軟触覚インタフェース

photo_124Much research has been conducted on surface reappearance type haptic displays. Those displays are cable with showing roughness of the objects’ surface often by controlling the height of many rods. However, actuation systems are complex then it is hard for them to expand the display area. In this research, we propose a new surface reappearance type haptic display named “HairlyTop Interface”. That interface consists of multiple SMA based flexible actuators. The actuators are easily appended or remove from the main display device. In this report, we introduce the basic idea of the HairlyTop Interface. Then we also describe on preliminary evaluations and their results.

photo_58実物体を積極的に取り入れることで,人とコンピュータの情報のやり取りにおいても,人同士や,人と動物間で行われるような触れ合うコミュニケーションの実現が試みられている.その中でも, 毛のような柔軟物は触れた際に感じる柔らかさは有機的であり親しみやすい.この特性に注目した毛状インタフェースが多く開発されている.しかし,従来の手法では駆動部の機構上の制約や制御方法の問題により,毛の密度向上に伴うシステムの複雑化,大型化,拡張性の制約といった問題から,広く密に構成された毛の一本一本を自在に動かすことは困難であった.そこで本研究では小型・軽量で,かつ提示面積の拡大・縮小が容易に変更可能な拡張性の高い毛状インタフェースであるHairlyTop Interface を提案する.これまでの研究で基本原理を提案し,その妥当性を確認した.本発表では全方向屈曲運動を行え,屈曲後の復元についても制御可能なシステムを提案する.
Diginfo(English)

Diginfo(日本語)



Publications:

Media:

Patent:

  • 野嶋琢也,大出慶晴,川口紘樹,”毛状で柔軟なユーザインタフェース”, 特願2012-199744, 特願2013-188893(2013/09/11)

2 comments on “Smart Hair(formerly “Hairlytop Interface”):光駆動型柔軟触覚インタフェース”

  1. Pingback: 仮面女子の皆さんが来訪しました – Nojima Laboratory, UEC

  2. Pingback: オモテク探偵団!(面白法人カヤック)にて研究室が紹介されました – Nojima Laboratory, UEC

Comments are closed.