Tag Archives: Squachu

VR学会大会で発表しました

9/14-9/16の日程でつくば国際会議場にて開催された,日本バーチャルリアリティ学会大会で,博士後期課程の大久保賢君,博士前期課程の正木絢乃さんが,以下の展示・発表を行いました 大久保 賢、佐藤 俊樹、野嶋 琢也:「映像表示機能を有するボールの提案」 正木 絢乃、安藤 貴広、柳 青、広田 光一、野嶋 琢也:「スカッチュにおける認識安定性向上に関する研究」 また同大会の中で開催された,国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)のOSにて,IVRC出展者である博士前期課程の溝口 泉君,四條亮太君がそれぞれ発表を行いました. 溝口 泉、日岐桂吾、四條亮太、長野瑞生、田村莞爾、安藤貴宏:「ギル+マン」 四條亮太、長野瑞生、溝口 泉、田村莞爾、日岐桂吾、安藤貴宏:「りっかーたん」

Squachu(Mouth training game):口腔筋トレーニングゲーム

Squachu

口腔は話す,食物を摂取するという生きることに直接関与する器官であり,人間らしさを表す代表的な器官として重要な役割を担っている.しかし,これらの筋肉は,加齢,あるいはダウン症のような特定の疾患により,筋力が低下し,例えば摂食・嚥下機能低下や,構音障害等のさまざまな問題を引き起こす.特に,嚥下機能の低下は,誤嚥性肺炎の原因のひとつとなり,注目されている.本研究ではSITAを利用し,健常者を含めた幅広い年齢層の人を対象として,一人で,かつ衛生的な環境で継続的に舌や口のトレーニングを可能とする,口腔筋トレーニング支援シリアスゲーム,「スカッチュ」の開発を目指す.また高齢者施設における評価実験にて,スカッチュのプレイによって口腔機能改善効果があることを確認した.

Read More